単純さと複雑さの混在 The Forum BBC World Service

日頃はibVPNのようなVPN業者を使っていますが、先日セグメントに関係なく聞けるBBC World Service(インターネットラジオ)で、The Forumという番組を聞きました。テーマがThe Benefits of Simplicityというもので、わたしなりに訳してみると、単純さの利点、となるでしょうか。主に建築物が取り上げられ、日本ばかりでなく、北欧やイベリア半島の専門家なども登場していました。あくまで「フォーラム」であるので、侃々諤々の議論という訳ではなく、淡々とした会議のようでした。

 

そんな中、わたしが聞き取れたことは、日本、とりわけ、東京においては、建築物がシンプルな形をしているが、街並みは複雑だということです。しかし、複雑だからと言って批判しているのではなく、そうであるからこそ、面白さがあるというものです。日本以外が専門の出演者も、東京を何度か訪れたようで、街が複雑であるので、ガイドブックが必須のようなことを言っていました。けれども、むしろ喜んでガイドブックを多用していたようです。もしかしたら、宝探しと似たような楽しさが、東京にはあるのかもしれません。

 

正直、さいたま市に居住しながらも、自宅勤務であるので、東京へはしばらく行っていません。仮に訪れる機会があれば、ほとんどお上りさんのようになるかもしれません(笑)。けれども、自分の記憶の中では、確かに街並みは複雑でありながらも、建築物がシンプルでもあります。しかも、自然災害などの危険性が高い地域があるとはいえ、ところによっては、新旧の建築物が混在し、外から来た人には、ビックリするような光景となるのでしょう。おそらく典型的であるのが、浅草や神楽坂などかもしれません。

 

また、The Forumを聞きながら、若い頃に見聞きしたことを思い出しました。生物には、単純系と複雑系があり、それらがどのように関係し合っているかが、最大のテーマだということです。もちろん、数十年も前のことであり、現在では色々な見解が出ているかもしれません。けれども、単細胞生物などと自分の体が関係し合っているということは、なかなか実感が湧かないかもしれません。むしろ、寓話などを使われた方が、わたしのような者には理解し易いと言えます。

 

さらに、有名な西田幾多郞の言葉も思い出しました。すなわち、絶対矛盾的自己同一というものです。必ず矛盾していながらも、自分の中では一つになっている、と解釈できます。矛盾をも自己で抱え込み、昇華できるとも言い換えられるかもしれませんが、よくよく考えれば、生き物自体、生まれたのに死ななければならず、非常に矛盾した存在です。しかも、人の場合、死すべき存在でありながらも、考えることができます。考えに終りはなく、いつまでも問い続けることができます。回答が出て来れば、それが疑問となり、さらに答えを見出しては問いかけが始まります。

 

仮に終止符を打ちたいのであれば、何かを信じるしかないのかもしれません。個人的には、宗教かイデオロギーであると思っています。あるいは、科学を含めることもできるかもしれません。さらに、意識的に回答を見つけないようにすることも、打ち止めする手段の一つかもしれません。要するに、肉体が有限であるとしても、思考は無限であり、この両者を抱えているのが人である、ということです。

 

もっとも、これは、わたし自身が見つけたことではなく、大好きな池田晶子が語っていたことです。いまだ彼女から抜けきれないのもまた、わたし自身でもあります。(笑)

 

ともあれ、The Forumを耳にし、忘れていた何かを思い出しました。忘却と記憶もまた、矛盾しているのでしょうが、しっかりとわたしの中にもあります。単純さと複雑さが混在しているということは、結局、至極当たり前のことかもしれません。

 

なお、単純さと複雑さの混在は、日本ばかりの特権ではないようです。世界中に見受けられ、The Forumの中でも取り上げられています。しかし、各国それぞれの特徴などがあり、文化とも非常に関係しているようです。やはり、日本の場合、仏教や神道などの影響が大きく、建築物ばかりでなく、この列島で育った人々の心にも当てはまるように思います。一見すると、歴史が途切れているようですが、実は忘れているだけで、現在においても脈々と受け継がれているのかもしれません。

 

 

思わぬところで日本が出て来た、インパルスの計画変更 BBC World News

日本が関係するニュースがあると、ついつい注視してしまうのは仕方ないことかもしれません。今回取り上げる太陽光発電飛行機インパルスも、思わぬところで日本が関わって来たと言えます。

 

わたしが知ったのは、BBC World Newsの「Impact」という番組です。昨日(2015年6月2日)、ブルーレイレコーダーで録画したものを再生したところ、インパルスが計画変更し、名古屋空港に着陸するとのことでした。トップニュースで報じられ、しかも、名古屋空港から生中継されていました。

 

インパルスが空港に向かっている生の映像が流れ、しかも、飛行機自体に取り付けられたカメラの映像も混じっていました。プレゼンターが「Thanks technology.」と言っていたと思いますが、まさにその通りでしょう。おそらくヨーロッパからすれば、大きなニュースなのかもしれません。スイスの団体が主催し、しかも、無燃料の太陽光発電飛行機の実験です。今後のエネルギー問題などにも大きく関わって来る可能性もあるでしょう。

 

しかし、わたしも含め、インパルスの実験に最初から注目していた人は、日本にどれだけいるのでしょうか? 先の生中継の際、特派員が、日本ではあまり話題になっていないが、日本のマスメディアが報道すれば、すぐに人々が注視するでしょう、と言っていたと思います。確かにそうなのかもしれません。実際どうなっているのか、検索してみたところ、「皆様の公共放送」が報道していたようなので、これからもっと注目されるかもしれません。

 

もっとも、今回の実験では、初めから日本はルートに入っていなかったようです。計画では、中国の南京から直接ハワイへ向かうとのことでした。興味のある人であれば、日本が関係なくなったことに残念だったかもしれませんが、一般人であれば、ほとんど知らなくても当然かもしれません。

 

ともあれ、計画変更の理由は、事故や故障ではなく、天候とのことです。曇りが続き、太陽電池に十分なエネルギーが溜まらなかったようです。しかも、先の「Impact」の中でも伝えられていましたが、太平洋はこれから雨期になり、当然、日本も梅雨を向かえる時期なので、週中から週末に掛け、曇空が続くとの予報です。インパルスの関係者は、天候は仕方ないとしても、実験日数が伸びることを懸念しているようです。具体的なことを調べていませんが、今回の実験が上手く行けば、これまでの記録を更新する世界一周になるようです。

 

けれども、わたしのような素人が言うのも差し出がましいですが、太陽光発電飛行機が、ビジネスなどの現場で利用できるのは、不明確な状況なのでしょう。結局、太陽の光で飛行状況が影響するのであれば、仮に実践できたとしても、現在のようなスピード時代には不向きかもしれません。

 

ともあれ、天候が回復し、実験が無事再開されればと思います。その間、日本でゆっくり過ごしてもらい、体を休め、十分な「おもてなし」を感じてもらえれば、などと部外者であるわたしは、無責任なことを思っています。(笑)

 

なお、インパルスのニュースは、BBCサイトでもアップされています、動画もあるため、見ていない人は、こちらでも確認できます。

 

- Solar Impulse: Zero-fuel plane makes forced Japan landing

 

今回は、日本に関係したニュースのとりとめのない感想となりました。しかし、ここまでお読みいただけましたら、誠にうれしい限りです。次回もまた、よろしくお願いします。

 

 

日本のリニアが世界を駆ける BBC World News

ご存じの方も多いでしょうが、先日(2015年4月)、日本のリニアモーターカーの実験で世界最高スピードを記録しました。BBC World Newsでも取り上げられ、わたしも視聴しました。

 

 

ご覧になられればお分かりのように、上記の動画には音声が入っていません。わたしが視聴したものでは、さすがにそういうことはなく、日本の特派員がナレーションを付けていたと思います。理解したところでは、BBCサイトの記事とほとんど変わらず、結局、最後は金か?、と感じてしまいました。(^o^) 

 

 

確かにお金も大事であり、経済的な支えがあるからこそ、実験も可能なのでしょう。しかし、鉄道という大量輸送手段のことを考えるのであれば、技術の進歩は非常に大きなことです。そうであるからこそ、実験段階でもニュースになるのでしょうが、お金のことは、古今東西変わらぬ関心事なのでしょうか? 綺麗事を言うつもりはありませんが、もう少し夢物語を楽しませるような伝え方でも良いのに、と思います。

 

ところで、リニアモーターカーと言えば、わたしが小さい頃にも話題になり、「夢の乗り物」と言われていました。70年から80年代のことであり、子供向け百科事典などでは、必ずと言っていいほど、リニアモーターカーのことが書かれていました。それが何十年経っても、実現化できないのは、非現実的な技術であるからか、それとも、やはり、上で触れたようなお金の問題だからなのか、と時折思っていました。

 

しかし、21世紀を過ぎ、実際に路線化されていたとは、全く知りませんでした。今回この記事を書く際、少しだけネット検索し、下記のようなリンクを見つけました。愛知県で商業化しているようで、通勤通学などに利用している人もいるのかもしれません。

 

 

この点については、BBCの記事やニュースでは触れていなかったと思います。もっとも、わたしの英語力にも関係するので、もしかしたら、読み落としや聞き取り不足があるかもしれません。そうは言っても、実際商業化している路線があるということは、今後の発展の参考ともなり、大いに期待できる日本発の技術になるかもしれません。

 

こういう鉄道技術を有していることを踏まえてなのでしょうか? 先のBBCの記事の最後に、安倍首相の訪米予定のことが触れられています。最後の一文というのがなんとも言えず、これもまた、BBCが西側巨大マスメディアの一つ、とわたしみたいな者には感じられてしまいます。(笑)

 

なお、BBCの動画には、リニアモーターカーのニュースに絡めたように、鉄道のスピード比較をしたものがあります。こちらも、音声はありませんが、BBC World Newsではナレーションがついていました。内容としては、見ての通りだったと記憶しています。

 

 

今回はこれまでになります。とりとめのないニュースの話となりましたが、何かしらお役に立ったのであれば幸いです。次回もまた、よろしくお願いします。

 

 

全日空(ANA)の機体に、映画「スター・ウォーズ」 BBCサイト

BBCサイトにnewsbeatというコンテンツがあります。昨日(2015年4月18日)、何気に見ていたら、次のような記事を目にしました。

 

- Star Wars plane being launched by All Nippon Airways later this year

 

お読みになっていただければ、お分かりになると思いますが、本年(2015年)12月から映画「スター・ウォーズ」のキャラクターが描かれた、全日空(ANA)の機体が、国際線で就航されるようです。RS-D2を模しているとの記述もありますが、なるほどコックピット付近の青い模様が、R2-D2の特徴を端的に表わしているようです。

 

BBCワールドニュース、もしくは、BBC World Serviceを見聞きしていますが、このニュースについては、報じられていないようです。もしかしたら、わたしが知らないだけで、すでに放送されたのかもしれません。もっとも、映像や音で放送するだけの価値があるのか否かは、わたしの知る由もありません。(笑)

 

けれども、こういうニュースであれば、別に悪い気はしません。やはり、日本に関するニュースについては、ついつい気になってしまいます。時に、ちょっと待てよ、と思うこともあり、率直に言えば、あまりにもリベラル、と感じる時があります。この点については、当のイギリス人の中にも指摘している人がいるようで、バランスをどのように取るか、ということは、どの分野でも大事でしょう。

 

- それでもBBCを賞賛する?(Newsweek日本語版)

 

ともあれ、映画「スター・ウォーズ」と全日空(ANA)の組み合わせは、面白いように感じます。もしかしたら、わたしが知らないだけで、以前にもタイアップなどがあったのかもしれません。今回のものは、映画宣伝も兼ねているのでしょうが、国際線で就航させることは、合点の行くことです。今やグローバル時代でもあり、航空会社であれば、なおさらグローバルを意識するでしょう。映画「スター・ウォーズ」であれば、大きな宣伝になります。わたしも実物を見てみたいと思いますが、果たしてこの機体が使われている間、経済的にゆとりができるか否かというのが、最大の問題です。

 

ところで、映画「スター・ウォーズ」については、2008年に公開された「クローン・ウォーズ」以外、すべて見ています。実は、DVDも所有し、学生の時は、ビデオを購入し、「スクリーン・プレイ」を使ってリスニングの勉強をしました。しかし、こういう王道の勉強法は、わたしには向かなかったのでしょう。結局何も身につかず、何十年も経って、VPNを知りました。種々の過程を経て、HideIP VPNibVPNに巡り会い、BBC iPlayerでドラマなどを見ている方が、性に合っているのかもしれません。もっとも、先で述べているように、時に日本に関することで腹立つことがあっても、仕事をしながらニュースを「聞き流し」している方が、長続きするようです。

 

ともあれ、映画「スター・ウォーズ」のような作品は、嫌いではありません。エンターテイメントとして、大人から子供まで楽しめ、なおかつ、安心して見ることができる作品でしょう。確かに、一部の指摘にあるように、悪の描き方が薄いと思います。けれども、この作品は、あくまでエンターテイメントであり、より多くの人が楽しむというのが、最大の目的ではないかとも思います。ガチガチのシリアスドラマも好きですが、こういう気楽な作品もまた、時に必要であると思います。

 

そうはいっても、原作としては、全9作あるようで、さらに、スピンオフなども加わると、10作品以上になります。今後、公開されるようですが、原作者の手を離れながらも、「スター・ウォーズ」が継続されていくのでしょう。また、映画「スター・ウォーズ」を見ていると、同じような出来事が繰り返します。しかし、出来事が同じでも、主人公の立場が異なったりします。そういう場面を見ると、つい聖書をイメージします。全てを読んではいませんが、聖書にも似たような出来事が続きます。しかし、人物などの葛藤が異なったりするため、壮大なドラマにも繋がるのでしょう。

 

そう言えば、ケント・ギルバードが自身のブログで、映画「スター・ウォーズ」とサムライとの関係を述べていました。詳細は、以下の記事をお読みいただければと思いますが、確かにライト・セーバーで戦い合う姿は、まさにチャンバラのように思います。しかも、悪の化身とも言えるシスは、忍者のようであり、時代劇からヒントを得ていることは確かでしょう。現に、原作者のジョージ・ルーカスは、黒澤明を慕っているようで、黒澤映画の影響があることは否めないと思います。C3-POとR2-D2のコンビは、「隠し砦の三悪人」を参考にしたとのことで、ああなるほど、と思う人も多いかもしれません。

 

- ケント・ギルバートの知ってるつもり
- ジェダイの騎士とダークサイド(二カ国語)

 

だらだらとお話してきましたが、上記で取り上げたBBCの記事では、新作のプロモーション・ビデオを視聴することができます。さすがに現代的な作りのように感じ、当然、CGも多用されるようです。考えて見れば、映画「スター・ウォーズ」の第一作(エピソード4」)が公開されたのは、1977年です。わたしが小学校低学年の頃であり、テレビCMなどが流れていたことを微かに記憶しています。日本では、1978年に公開され、瞬く間に話題になったと思います。

 

リアル・タイムで雰囲気を知っているとは言え、きちんと視聴したのは、十代後半になってからです。わたしにとっては、「猪木-アリ戦」と同時代を代表するものであり、非常に長い期間、人々に喜ばれているのでしょう。映画ではありますが、ソープ・オペラ(soap opera)とも呼べるかもしれません。本当の意味での最終作が、2019年に公開予定とのことです。自分の年齢を考えれば、いやはや、やはり、現代版聖書を目指したのでは、と思ってしまいます。

 

いずれにせよ、こういう世界でも有名な映画と日本が関わることは、嫌な感じはしません。たとえビジネスであっても、悪い印象を与えることはないと思います。しかし、意地悪なことを言えば、「スター・ウォーズ」の機体で事故が起きれば、逆効果になってしまうかもしれません。そうならないことを願うのみです。

 

長くなりました。相変わらず、まとまりのない文章でしたが、BBCの記事に対する雑感と思っていただければ、幸いです。次回もまたよろしくお願いします。

 

 
 

 

あくまで数学の問題 シェリルの誕生日(Cheryl’s Birthday) BBC World News

すでにご存じの方も、多いかもしれません。シンガポールのテレビプレゼンターが、facebookで公開した「シェリルの誕生日(Cheryl’s Birthday)」という数学の問題が、話題を集めているようです。BBCでも取り上げられ、本日(2005年4月15日)、BBC World Newsで視聴しました。問題の画像と解説の動画が、下記でもアップされています。

 

- BBC NEWS
- Cheryl’s Birthday: Singapore’s maths puzzle baffles world

 

わたしは当初、公務員試験などに出て来る「判断力推理」と同様だ、と思いました。ニュース番組であるので、問題とともに数学者による解説も放映されたため、解答は分かりました。しかし、解答までの論理が導けず、非常に悔しい思いをしました。良い年したオヤジですが、まだまだ潜在的には、若者気分なのかもしれません。(^o^)

 

上記のBBCサイトでは、原文の問題が掲載されていますが、自分の読解力の足りなさと思い、ネット辞書などで単語を改めて調べてしまいました。本日の昼頃から暫し考えを巡らせ、こうだろうと思った後、動画を見直しました。しかし、論理が異なり、再び考え込んでしまいました。結局、日本語による解説がないかと、ネットで調べてみると、さすがに何でもある日本です、下記のようなサイトを見つけました。

 

- grape
- 【難問】14歳向けに出題された『シェリルの誕生日』が難しすぎると話題に!

 

ここで日本語訳になっている問題文を読み、英文の読解は決して誤りではないと思いました。そうして、日本語訳を元にしながら、考えてみたら、なるほどと思い、合点がいきました。やはり、わたしは、日本語が染みついた土着の日本人です。まだまだ修業が足りないようです。(^o^)

 

けれども、どこかスッキリしたことも確かです。そうして思ったのが、この記事のタイトル通り、あくまで数学の問題であり、論理力を問うている問題ということです。言語的な意味合いから解こうとすれば、おそらく泥沼に入るでしょう。現にわたしがそうでした。BBCのプレゼンターの中でも、答えを聞いてもわからない、と言っている人もいましたが、謙遜でないとすれば、同じようなところに嵌まっているのかもしれません。

 

ここでは敢えて解説しませんが、「重なりと消去で解答を導く」というのが、わたしなりの解釈です。先で掲載している日本語訳のサイトでは、解答の解説も掲載されています。おそらくBBCが公開した動画の翻訳ではないかと思っています。

 

ちなみに、「シェリルの誕生日」は、シンガポールの14歳が解く数学問題とのことです。おそらく日本でも、同じ年頃の子供たちが似たような問題を解いているかもしれません。かつては、多くの人が、こういう問題をさらりと解けるような柔らかい頭を持っていたのかもしれません。

 

しかし、年を取るにつれ、どんどん堅くなっていき、むしろ、社会に出てしまうと、型にはまった生き方に頭も合わせてしまうのかもしれません。これは、日本ばかりでなく、世界の問題かもしれませんが、良い面もあれば、悪い面もあるのが、世の中ということでしょう。

 

ニュースというと、暗い話題ばかりですが、こういうトピックもまた、面白いと思います。もしかしたら、別な面で見れば、暗いことと思ってしまう人もいるかもしれませんが、たまには、日頃考えないことを考えるのも、わたしのような「灰色の脳細胞」の持ち主には、大いに刺激になります。

 

今回もまとまりのない文章でしたが、お楽しみいただけたのであれば、幸いです。次回もまた、よろしくお願いします。