拙作 あたし 待ってるから

和子の口癖だった

 

あたし 待ってるから
いつまでも待ってるから

 

一人前に程遠いオレを選び
文学崩れに 自分を賭けた

 

せっせと働く傍らで
一文にもならない言葉を綴る

 

家庭のため 二人のため オレのため

 

あたし 待ってるから
いつまでも待ってるから

 

夕食時間 得意の野菜炒めを作り
オレのコップにビールを注ぐ

 

書いたの?
ああ
応募するの?
ああ
印刷できてる?
ああ

 

翌朝 和子が投函するも 来ない結果がお決まりだった

 

あたし 待ってるから
いつまでも待ってるから

 

もがくオレは 才を疑い 才を嘆き 才に唾棄した
つなぎでオレが遅く帰ると 和子の瞳が微かに光った

 

あたし 待ってるから
いつまでも待ってるから

 

時折パソコンに向かう
ワープロソフトを立ち上げ 腕組みをし 
うんうん唸るも 才の雄叫びが出て来なかった

 

書かないオレに 和子が鋭い視線を投げつける
たまらなくなり つかみ合いになる

 

物理的にも精神的にも互いに傷つけ合いながら
夜は伴にする
おれの腕の中で いつもの言葉が囁く

 

あたし 待ってるから
いつまでも待ってるから

 

和子が病院通いを始めたのも オレが書かなくなってからだった
胸の痛みが増し 入退院を繰り返すようになった
オレは慣れない背広姿で 契約を全うし続けるだけになった

 

十年一昔

 

オレは河川敷に立っている
御影石の中に 和子の文字がある
春になれば 桜が乱れ 風に導かれた花々が
川面をピンクに染める

 

オレの耳から離れない
オレの中から消えない

 

あたし 待ってるから
いつまでも待ってるから

 

今ならはっきりと応えられる

 

待たせてばかりで ゴメンな

 
 

(^。^)(^。^)(^。^)

 

 

 

拙作 融解する私

ボクがだんだん融けて行く
足元から 手先から 頭の先から

 

ドロドロした 淀んだ海の底
キラキラした 澄み渡った空

 

ボクがだんだん融けて行く
足元から 手先から 頭の先から

 

喧騒と倦怠と 鬱屈と圧迫と
開放と快楽と 自由と浮遊と

 

全てが全て混じり合い
弾けて飛んで 避けて割れ
次第に形が失わる

 

ボクがだんだん融けて行く
足元から 手先から 頭の先から

 

この奥に現るるは 光か闇か
はたまた 来世や常世の囁きか

 

ボクがだんだん融けて行く
足元から 手先から 頭の先から

 

ボクがだんだん融けて行く
足元から 手先から 頭の先から

 

いずれは訪れる 有限と無限の彼方へ
ボクはボクなりに歩み続けるしかない

 

満足や幸福は あと付けかもしれない

 

 

拙作 泣きたい時だってあるさ

泣きたい時だってあるさ

 

きらびやかな生き方でもない
華やかな生き方でもない
けれど でも それでも
後悔はある

 

傷があり 傷が付き 傷が増える
傍から見れば些細な事でも
傷となり 傷が生まれ 傷が大きくなる

 

泣きたい時だってあるさ

 

焦燥にかられ 感情に任せ 取り返しのつかない事態になった
運命(さだめ)と納得したい 納得させたい 納得してみたい
けれど でも それでも
消えることはない

 

泣きたい時だってあるさ
泣きたい時だってあるさ
泣きたい時だってあるさ

 

あいつやあの人たちやあの人々のためにも オレは生き続けなければならない

 
 

 

創作 ストンッ、と落ちる (一)

(一)

 

わたしは時折、ストンッ、と落ちることがあります。若い時から続いていることで、40代半ばになった今でも、抜けていないようです。

 

物理的、という訳ではなく、精神的なものです。夢中になっても長続きせず、突然、ストンッ、と心の空白が生まれるのです。そうして、何もかもがバカバカしくなって、急に遠ざけたくなり、終いには一切手を触れなくなるのです。

 

 
無責任。
確かにそうでしょうね。元々下らないプライドがありながらも、逃げることだけはお手のものです。

 

臆病。
それもあるかもしれません。プライドがあっても、気が強いとはいえません。

 

感傷的。
これはどうでしょう。さすがにそこまで自己陶酔していると、認めることはできません。

 

けれども、ストンッ、と落ちてしまうことは、趣味や娯楽の類であれば、あまり困りはしません。シリーズ物のドラマやアニメなどを途中で終わらせてしまったことは、幾度もあります。それが、趣味や娯楽の類ではない場合に、問題が出て来るのです。

 

・・・続く・・・

 

(^。^)(^。^)(^。^)

 

 Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

– Amazon.co.jp –