拙作 あたし 待ってるから

和子の口癖だった

 

あたし 待ってるから
いつまでも待ってるから

 

一人前に程遠いオレを選び
文学崩れに 自分を賭けた

“拙作 あたし 待ってるから” の続きを読む

拙作 融解する私

ボクがだんだん融けて行く
足元から 手先から 頭の先から

 

ドロドロした 淀んだ海の底
キラキラした 澄み渡った空

“拙作 融解する私” の続きを読む

拙作 泣きたい時だってあるさ

泣きたい時だってあるさ

 

きらびやかな生き方でもない
華やかな生き方でもない
けれど でも それでも
後悔はある

“拙作 泣きたい時だってあるさ” の続きを読む

創作 ストンッ、と落ちる (一)

(一)

 

わたしは時折、ストンッ、と落ちることがあります。若い時から続いていることで、40代半ばになった今でも、抜けていないようです。

 

物理的、という訳ではなく、精神的なものです。夢中になっても長続きせず、突然、ストンッ、と心の空白が生まれるのです。そうして、何もかもがバカバカしくなって、急に遠ざけたくなり、終いには一切手を触れなくなるのです。

 

“創作 ストンッ、と落ちる (一)” の続きを読む