文学崩れの言葉 (一) わたしは痴れ者です

 
 

2005年から数年間、プロバイダ提供のホームページで公開していました。作成自体は、20世紀末頃になります。懐かしくもあり、恥ずかしくもあり、今なら書かないことばかりかもしれません。だったら、載せるな、と思いますが、自己満足なサイトでもコンテンツ充実は大切です。反面教師にでもなれば、と少々おこがましいことを思いながら、ここでも公開することにしました。続きは、折を見ながら、アップしていきます。なお、タイトルは新規で作成したものです。(^o^)

 
 

花 ― 散りゆくことが生の証。

 
 

宮澤賢治。
「心象や時間それ自身の性質として第 四次延長のなかで主張されます(「春と修羅」)」

この人も、興の花を咲かせしか。

 
 

最初の記憶。
雨降り後のきらめくひと雫。

 
 

ソクラテス。
この人の書物は存在しない。この人が書かれた書物が存在する。

ソクラテスが語るのではない。ソクラテスの観方を見ていたプラトンがソクラテスを語る。
知の始まりである。

 
 

無是非有有是非無非有無是非有非無有是非無一足一何故也。

 
 

存在に見受けられるものに、継時性と共時性がある。継時性は、そのもの自体の歴史であり、軌跡によって形作られる経験である。共時性は、そのもの自身の役割であり、その場のあり方にある。

継時性と共時性が関わりあうことで、あるものが成り立ち、さらにその成り立ちは、継時性と共時性を築くあるものに関わり、さらにその関わりによって、ある関係性が生まれ、現存在が成り立っている。

弁証法的あり方のひとつの見方である。

 
 

「世界- 内- 存在」は、「世界- 外-存在」でもある。

 
 

多元二元一元何然之境地也。

 
 

9 .11 ドキュメント。
飯の種?

 
 

悟性。
決 して境地ではない。

因果律。
われわれの免れざるもの。

言葉。
転移を伴う心の中の怪物である。

 
 

二 十一世紀を疾駆する書物。
「この死無を見よ」

 
 

日常。
厳しさと同時に優しさがある。

非日常。
楽しさもあるが哀しさもある。

非日常非非日常。
いまだ明らかならざる世界。

 
 

「人間は考える葦である」

社会に出れば、

「人間は考える足である」

 
 

「有」
共通していると思っている感覚の悪魔。

「無」
共通していないと思っている感覚の魔物。

「有無」
免れざる共通感覚。

 
 

純文学― おれの文学「順文学」

 
 

現実というものに、どれだけ確実性があるかは定かでない。現実と思うことは、われわれの認識作用の産物であり、われわれが介在する力による。言い換えれば、われわれの“ 生きんとする意志” から発せられた“ 原因結果の自動調節作用”がもたらしたことである。

 
 

大事なのは、われわれが感じること。その感覚からわれわれは、現実感や疎外感を作り出すのかもしれない。
危うい中に生を営むのが、われわれであり、だからこそ、“ 終局”が待ち構えているのかもしれない。

 
 

決定論― 自分を説得する生の力。

 
 

当たり前であることが、当たり前であると感じることを、自明性と名づけるならば、その当たり前はどこから来るのか。当たり前と思っていることが、当たり前と思えなくなったら、自明性の喪失といわれる。当たり前もまた自明性も、様々な解釈がある。むしろ、その当たり前や自明性よりも、解釈の方に、目を向けた方が、了解しやすいのかもしれない。

 
 

これも一種の解釈になるが、解釈の解釈論も必要で、さらに、解釈の解釈の解釈論も、必要になるのか。箱の中にさらに箱があってさらにその中にも箱があって、ずっとずっと見ていったら、わかんなくなった、なんて思いに、いずれ到達するのかもしれない。

 
 

迷い ー 特権ではない。
諭す ー 己のみの特権。
悟り ー 分からん。

合理 ー 人間の生命線
非合理 ー 人間と自然の生命線

家 族 ー 他人の始まり

 
 

天 国が恍惚ならば、地獄が不安であり、現世が喜怒哀楽である。
言い換えるなら、神の世が天国であり、狂人の世が地獄であり、常人の世が現世である。

まこと等、どこぞにあるか。

 
 

大海はそこにある。

名誉のある人が言えば、含蓄がある。
病歴のある人が言えば、妄想である。
海辺の人が言えば、現実である。

大海はどこにでもある?

 
 

* 原文、縦書き

 
 

(^。^)(^。^)(^。^)

 

 

 

独断と偏見による、オヤジ競馬川柳

一部ネタの古い拙作がありますが、楽しんでいただければ、幸いです。

 
 

・ ゲート開く スタート直後に 騎手落馬

 

・ 儲け出た その次の日で 大損に

 

・ マンシュウが 出たかやったか 鼻差負け

 

・ 行くは良し 帰りの電車は 肩落とし

 

・ 買うぞまた ゴールした後 後悔す

 

・ 勝つ人は 無理をしません 競馬でも

 

・ 前髪を 決めたぜやったぜ テイオー似

 

・ ブチコ風 いつかはオレも ゴマ塩頭

 

・ これ浦和 イッタイッタで ガチガチで

 

・ 交通費 使ってまでも 勝てません

 

・ 誘惑に 絶対負けるな キャッシング

 

・ 迫力は 生観戦の 醍醐味です

 

・ ゲーセンで ついつい熱く 競馬ゲーム

 

・ 声援が 一層際立つ 空馬に

 

・ あれあれと 気づけばあの馬 単勝マンシュウ

 

・ 週末が 近づくお知らせ 赤ペン回し

 

・ 聞きたくない 競走中止後 予後不良

 

・ 忘れまい 女王杯の ベルベット

 

・ 内枠を 買ったが来ない 浦和1600m

 

・ 父を見る 足りずに辿って 藪の中

 

・ 古馬牝馬? それならオイラは 引退種牡馬

 

・ 短冊に 書いても取れない 三連単

 

・ そら来たぞ マンシュウ確実 マークなし

 

・ 夢想する 払い戻しで ジェラルミン

 

・ 返還も 思いは複雑 競走除外

 

・ ふと気づく 競馬はロマン おれローン

 

・ 何十年 やっても当たらぬ 競馬好き

 

・ お立ち台 聞く度想ふ 予想屋さん

 

・ ラスト10(m) そこまでオイラは 大金持ち

 

・ あるのかな? 季語で使える G1レース

 

・ 桜花賞 咲き乱れても オレは散る

 

・ 七夕賞 いつかはあるか? 7の菜七

 
 

詠み人曰く、”下らない!!”

(^。^)(^。^)(^。^)

 

 

オヤジの辞書 第三弾

センサーシップ
こんなのがなくても、発言したければ発言するのが、人である。比較すれば、あるよりない方がいい。しかし、理想、いや、現実的には、センサーシップは、表現者自らが行うのだろう。世阿弥は言っている。「秘すれば、花なり」だから、小津さんの映画や晶子姉さんのコトバ等が、好きなんだろうなあ。

 

独立
親から経済的に分かれていれば、独立と言われる。本当かなあ。親元にいても、独立心の強い人がいるし、そうでない人もいる。最後は、心の問題じゃねえのかな? けれども、ここは現世利益の世の中。金さえ別なら独立してる(はず)って、やつだろうなあ。確かに、金は大事だけど。

 

文庫
サイズが小さく、低価格で、良質の作品も読める書籍、と勝手に解釈。けど、近年、価格が高くなったなあ。1000円以上すると、もう文庫じゃねえよ、と思ってしまう。これって、ケチくせえかな?

 

安全
完璧に安全なもの。一度でいいから、そういうものにお目に掛かりたい。絶対があるとは、絶対に言えないとは、確かにそのように思う。この世は確率である。こう言ってしまうと、極論か?

いや、正確には、結局、人が作ったこの世のものは、その多くが確率で動いている、ということだろう。だからこそ、「想定内」と「想定外」があるのだろう。代わりのものだって、「相対的に安全」なだけだ。

こう思わないのは、バカな狂信者、と言ったら、言い過ぎか?そう思っているオレも、バカな狂信者に反対のバカ狂信者であり、結局、同じ穴の貉なのか?

There is no perfect thing in the world , the thing which is created by human.To challenge or not is the biggest problem.

 

ガラパゴス
多様な種の生息する、貴重な生命の宝庫。けれど、ある特定の地域では、そこでしか通じず、少々時代遅れの感も含まれる譬え。なんか、悪いよな、ダーウィンに。もちろん、島の生き物たちにも。

 

自立とレッテル
自立は、個人レベルでは当たり前。けど、集団になると、そうでなくなる。嫌だよなあ、何かの概念なんて。

けど、集団なんて、そんなものなのかなあ。こんなこと言ったら、考えなしの輩たちにレッテルを張られそうだ。
けど、そう言っているオレも、そういう人にレッテルを張っているのかもしれん。

気を付けよう。自立を説いて、木乃伊取りが木乃伊にならないように。

 

圧力
圧力を受けるからには、なにかしら、他人が気になることをしているのだろう。

けれど、どんなに圧力が掛かったって、信念があれば、決して挫けない。いや、信念なんてなくたって、おかしいと思えば、それに対抗する。それが、生きる力であって、生きているからには、そうするのだろう。これは、今の世界の一部でも、そして、歴史も証明しているように思う。結局、圧力への対処もまた、自分次第だ。

けど、逃げることもまた、生きる手段。オレは汚いから、そうするなあ、きっと。

 

幸い
非常に主観的だが、ついつい客観的なことを考えてしまうもの。何がなんだからわからないが、あるのかないのかわからない。けれども、ついつい自分がどこかで求めているのを認識させられる。

そうは言っても、一生わかんねえな、たぶん。これ自体が相対的なら、これを感じる対象も相対的。

だって、人は環境によって変わるものだし、当然、その中には、こう言ってるオレも、含まれている。

 

 

オヤジの辞書 第二弾

マイナス成長
マイナスで成長する。なんだか、天才のバカみたいだ。(^O^)

※ 定義「国内総生産が前期比、又は前年比で減少すること。」証券用語解説集(野村証券)より

 

制度
囚われるが、時に邪魔。危険性回避には、制度を無視。それでも反省は、制度の改正。やっぱり、ぬるま湯につかっているとこうなる。

 

歴史の分岐点
どの時代の人も、そう思っているのだろうな、たぶん。だって、今の私、で生きているんだもん。

 

文化
長い年月掛けて養われた日本文化なら、受け容れた西洋文化も、そうなるだろう?イノベーションの伝統は変わらない。

 

自由
制度に求めても得られない。元々、そこにあるもので、己が作り出すもの。青い鳥、なんてあったが、それと同じであって、決して、外にあるものでもない。けどね、そんなこと言ってもね、制度で認められないよりは、認められている方が、まだましだいね。 比較すればの話だが、自由になりたければ、それこそ、自ら立ち上がる。それは、歴史や現象が示しているのでは?生きる力とは、そういうもののように思う。

 

加齢
今の時代、年取ることは嫌なことかもしれない。自然に逆らおうなんて、いやはや、人というものも、おかしな生き物である。確かに、気力も体力も衰えたら、若い頃を懐かしみつつ、憧れも持つのだろう。

オレは、大厄を過ぎたが、社会であれば、まだまだ若僧のよう。そのくせ、転職が厳しい年頃だから、これもまた、なんだか変である。なら、社会を変える? その前に、自分を変えるようにした方が、速いかもね。(^O^)

けど、加齢を感じるのは、最近、30代の女性が”お姉ちゃん”に見えてしまうことだ。世間的には、”おばちゃん”でも、オレには、別なのね。お前だけだ、と言われれば、その通りだが、オレなりの加齢の感じ方なのだろう。 そういや、ちょっと寂しかったのは、コンビニで酒買う時、身分証明書を求められなかったことだ。ヤバイ、と思い、途中で引き返し、家からわざわざ持って来たのに、いやはや、取り越し苦労とは、斯くの如し。

また、自分が加齢を感じるのは、自分と同じ年齢の人が、オヤジ狩りに遭ったニュースを知った時。 これも、なんだか寂しいやね。 そうは言いながら、加齢は、充実さを感じることでもあるように思う。それぐらいの余裕があってもいいが、それを作り出すのも、今の時代、自分以外にないのだろう。

 

ブーム
これに踊り、これに踊らされ、たくさんのお金が飛び交う。 次は、何が流行る、何が人気になる、それ買わなくちゃ。 そんな心理なのだろう。けどね、オレはね、嫉妬が嫌いだけど、羨ましくなる。だって、なんだかんだ言って、そういうのに、お金を使えるのだから。(^O^)

 

社会のソーシャル化
社会がさらに社会化する? オレは、苦手だな、そういう人と人の関わりは。けど、こんなところで、発言してるから、結局は、どうしようもないオヤジなんだろうな。

 

説明責任
説明責任を求めてる人を見るが、それで説明責任が果たされたと言っている人を知らない。オレの情報不足? それなら、それでいい。けれども、説明責任があるのはわかるが、一体、どこまで続くのだろう?

おそらく、求める人がいる限り、どこまでも続いて行き、する人も、される人も、どっちも満足せずに、事が進むのだろう。 傍から見ている追求者は、飽きたら次の問題で求め、そうして、それにも飽きたら、そのまた次へ移る。 当事者たちは、当事者たちで、続けて行く。どちらも、まじめであることが、前提なのだろうが。説明責任はある。それをする必要がある。おそらく、なにかしらの影響力を持っている人には。

けれども、それには際限がないのだろう。言葉と主観を持っているのだから。

 

バランス
均衡が取れ、なおかつ、中間を取っているようで、日本人には、非常に好まれる言葉かもしれない。もちろん、オレも日本人だから、バランスが取れた生き方に憧れる。

けどね、バランスには、どうもなんだか、対象に求める感じがする。要するに、対象依存。 おそらく、中庸には、そういう対象化がなく、自己も含めてのように思う。敢えて言うなら、中庸は、自己をも対象化したバランス感覚だろう。

でもね、ふとね、アッコ姉さん的に思う。その自己を対象化している自己とは何か?無即無、非無即有、非有即無、非無即非有・・・・。

どこまで、続くのか?(^O^)(^O^)(^O^)

 

情報操作
木乃伊取りが木乃伊になることに注意かな?

 

我々
これもまた、都合のいい時に使われる。なぜ、我あるいは私、と言い切らないのだろう。そういう「我々」を使う癖に、「和」を嫌ったりする。

オレには、汚いと感じる。言葉は、歴史的な産物だけど、発するのは、自分である。ましてや、意見と言うなら、「我々」であるのは、「赤信号 みんなで渡れば 怖くない」と同じであると思う。

いあだなあ、ああいやだ、いやだ、いやだ(杉村春子風)。

けど、オレも、どっかで使うんだろうなあ、「我々」。

いあだなあ、ああいやだ、いやだ、いやだ(杉村春子風)。

でも、これだけは、忘れたくない。 「赤信号 時にはみんなと 渡らない」 もう一回位信号待っても、遅れはしねえだろ。そう言っているオレは、電車にも乗らず、車も運転せず、チャリンコにも乗らない。 ただのオヤジ歩行者。

違った意味で、いあだなあ、ああいやだ、いやだ、いやだ(杉村春子風)

 

外資系企業
資本を乗っ取られることを恐れる日系の経営者がいる。けど、安心せよ。仮に乗っ取られても、職場が日本人ばかりなら、日本的になる。これぞ、逆説の外資系。

 

孤立
ある人たちによれば、日本は、孤立の危険があり、これからも、ますます孤立する可能性があると言う。確かに、ガラパゴス、などと形容され、携帯電話や企業のあり方が、国際基準ではない面もあるようだ。また、第二次大戦前に起きた国際連盟脱退などがあり、その後の歴史に教訓を感じ、警鐘を鳴らす意味もあるのだろう。

けれど、でも、しかし、だが、孤立、孤立と叫んでいる方が、余程、孤立しているようにも思う。 馬鹿じゃなけりゃ、変わる時に変わろうとするでしょう。少なくとも、そうじゃなきゃ、維新も高度成長もなかったんじゃねえのか?

むしろ、孤立、孤立と叫ぶ人こそ、「伝統的な村八分」を怖がってんじゃねえのかな、世界から。

 

なまり
言葉は、静的でありながら、動的でもある。言葉は、伝統でありながらも、個人が発するものでもある。インド英語などをたまに聞くと、別になまってたって、いいじゃねえか、とも思う。

「I’m Japanese.」でなく、「アイム・ジャパニーズ」でも、ユニークでいいじゃねえか!!

けど、オレなんか、いざ本番になると、汚いから黙るだろうな。恥を捨てられないから。(^O^)

 

(^。^)(^。^)(^。^)

 

 

オヤジの辞書 第一弾

最近まで運営していた「文系の書棚」というサイトに掲載していたものです。おそらく誰も知らないサイトで、誰も読んでいない、自己満足のみの戯言ですが、こちらに再掲載したいと思います。もっとも、このブログ自体、誰が読んでいるんだ?、という感じですが、シリーズモノにしているので、今後も続けられれば、と思っています。本日は、そんな下らない戯言シリーズの第一弾です。よろしくお願いします。

 
 

孤独死
よくよく考えれば、変である。死ぬ時は、一人なので、孤独に決まっている。要するには、独身死ということか?けれども、無縁であったとしても、私は私であり、それに変わりないのであれば、いわゆる孤独死もまた、悲観すべきものではない

 

違う
人間だけが違っていると思っているのは、人間だけではないのか?それを証明ではなく、説明しているのは、人間が生み出した科学に過ぎないのだから。

 

揺れる
ヴィトゲンシュタインは、大地が揺れるのは、大地が揺れているのか、それとも、自分が揺れているのか、という問い掛けをしていたようだ。地球に詳しい人なら、大地というかもしれません。けれど、それはあくまで人間の生み出した、客観という知の説明から来ていることである。仮に、それがそうだとしたら、なぜそんなことがあるのか? 文系人間のバカさ加減とは、こういうことなのだろう。(^O^)

 

哀悼
死を悼む。それはあたり前のことである。しかし、かつて、墓石屋のホームページを作成し、葬式の豆知識、というコンテンツを作ったら、依頼者から死に豆知識はふさわしくない、と注意された。墓石屋から頼まれて、自分も商売しているくせに、と思い、これもまた、矛盾した死への対応である。 死は分からない、分からないからこそ、恐れ、そうして、死を悼む。悲しむ。死者を葬送する。けれど、そんな殊勝な心がけを持ちながら、死体を平気で焼き、墓の中に埋葬する。 やっぱり、生きているということは、不思議なもので、変なものだ。もちろん、死ぬこともそうであり、なんだかんだで、人間が変なのだろう。 それで、終いと思いながらも、また何かを思うことが出て来る。これなんだろうな・・・。

 

アイデンティティー
オレは、鳩ヶ谷で生まれ、浦和で育ち、そのままさいたま市に住んでいる。桜区の住人であり、余程の事がない限り、この地区を出ようとは思わない。 けど、だから何なんだ?

オレは、日本で生まれ、日本で育ち、日本語を母国語にしている。どうしたって、日本語の方が、理解しやすい。だって、生まれた時から、その環境にあり、それは、身に付いた習慣のようなものだ。オレは、極東の日本の埼玉の鳩ヶ谷で生まれ、浦和で育ち、そのままさいたま市に住み、桜区の住人である。日本語を母国語とし、英語を少し理解するが、言葉の源は、日本語である。だから?

結局、それらは、プロパティ。データベースの属性みたいなもんさ。 だからね、それでね、人格まで判断されちゃね、困るやね。そうは言っても、傍から見たら、プロパティがアイデンティでないと、認識できないんだろうね。こう言っているオレも、他人を属性から見てしまうことがあるのも、否定しない。

もしそれがなかったら?

複数の”わたし”ばかりで、訳分からなくなる。万人の万人による闘争とは、まさにそれから生まれてたりしてね。いや、”わたし”にこだわりすぎるからか?プロパティはあるようでなく、ないようである。オレが日本で生まれてなきゃ、もっと別なプロパティだったでしょ。それも、当たり前であり、当たり前だから、面白いのかもね。

けれど、現実という中で、肉体を持って生きるには、アイデンティティーを尊重せざるを得ないこともまた、当たり前と感じている。 (^O^)(^O^)(^O^)

 

都合
「世の中言葉じゃない」 都合が悪くなると出て来る言葉。だったら、そんな言葉口にするなよ、とつい思ってしまうが、言葉じゃない、という言葉を発している。 仮に、そんな言葉を発しなくても、頭では何かしら言葉が出ているのかもしれない。「灯台下暗しでも、もっと自分を見るようにしろ!!」 と言ったら、横暴になるんだろうなあ。やっぱり、都合次第だね、評価なんて。(^O^)

 

嫉妬
これほど馬鹿げながらも、これほど良くあるものはない。これのおかげで、会社をクビになったり、家庭が壊れたり、友人や知人を失った人もいるのだろう。そういう時は、自分ではなく、まず他人を責める。

でも、ちょっと待てよ。本当に悪いのは、相手なのか、自分なのか? いや、それも待てよ。本当とは一体、何なのだろう? よくよく見れば、人にこれがあるなら、自分にもこれがある。人から受けたくないなら、まずは自分から止めること。

今から約200年前、キェルケゴールが、負け惜しみのことを言っていたが、嫉妬と同類のように思う。自分の足りなさを心の奥で認めながら、素直になれないのが、原因なのかもしれない。

ああ、嫌なこったい。

けどね、これでね、周囲から人がいなくなってもね、大丈夫だよ。なぜなら、決して逃げないのは、自分なんだから。 やっぱり、この逃げない自分というものも、何とも不思議なものであり、当たり前でありながらも、そうであるからこそ、不思議なのだろう。これって、脳なのかね? もしそうなら、これが脳であると思っている脳があるというのも、不思議だ。

こんなこと思っていると、嫉妬なんてのも、くだらなくなるやね。 いや、もっとくだらないのは、これを書いている、オレ自身だな。

 

子供
出来ちゃえば、くっつき、場合によっては、邪険にされる。 大人が上から目線でいろいろ言うが、子供の疑問は、時に、鋭く、怖さもあるのかもしれない。

たとえば、 「なぜ、生きてるの?」 と尋ねられ、一昔前であれば、コウノトリで済ませたろう。コウノトリは、一種の知恵のような気もするが、それは生まれた過程の比喩にしかすぎない。なぜ、に明確な答えを出しているのは、残念ながら、宗教しかないのだろう。だからと言って、オレは、何か教義めいたものを信じるのは好きではない。

そうはいいながらも、信じるという心があることも事実であり、宗教を持たないが、宗教心は持っている、というのが、実際のところだろう。かつて子供は、カミサマの贈りものとして、独特の存在感を醸して出していたようだ。

これは、民俗学の中で、語られているようだが、道端の地蔵が、子供のような顔をしているのも、こういうことから来ているのかもしれない。 案外、子供というものは、生意気だけど、鋭い突っ込みをし、よく分からない存在なので、崇めてた方が得策だ、と大人の悪知恵から、諸々の扱い方をされて来たのかもしれない。

そうは言いながらも、大人というものもまた、子供の時があり、成長するにつれ、どんどん変わっていくのは、どうもなんだか、やはり、奇妙なものである。 大人が子供を教育する。 なるほど、それが可能なのは、”社会人”としての振る舞いを伝えるのみだろう。あるいは、”会社人”と言い換えた方が良いかもしれない。 大事なことは、それにしか過ぎない、ということだ。

けれど、悲しいかな、理解できる奴は理解でき、できない奴はできないものだ。 最後は、自分で理解する。そのために、考える。 ああ、オレもまた、醜い顔の祖やアッコ嬢の手の平の上で踊っている存在にしか過ぎないのね。(^O^)

 

(^。^)(^。^)(^。^)