2016年最後の大井競馬開催とナナ馬券

本年(2016年)最後の大井競馬が開催され、先程最終12Rが行われました。大晦日まで競馬があることは、以前から知っていましたが、本年は久しぶりに最後まで付き合いました。恒例の3つの重賞に投票し、的中できました。

 

けれども、決して自慢できるものではなく、結局いつものようにガミりました(笑)。今では、ワイドばかりでなく、馬単もレパートリーの中に取り入れましたが、ワイドのみ、あるいは、完全外し防止のための複勝が当たった程度です。

 

このサイトで、競馬を一時期止め、2013年の夏から再開したことをお話しています。2013年の年末は、本年と同様、大井の3つの重賞にトライしました。結果は散々であり、年末は手を出さない方が良い、せめて東京大賞典まで、と心に決めました。以来、一昨年、昨年と、その年の締めは、東京大賞典にしていました。

 

しかし、蛇がイタズラしたのでしょう。今年最後となった大井競馬のトウインクル開催日で、L-WING賞というメインレースに投票しました。すると、儲かりはしなかったもののジュース一本程度の負けであり、これなら例年と異なり行ける、と思ってしまいました。こういう心理が徒になってしまったのは、わたしもしょうもないオヤジであることに変わりはないでしょう。

 

そうは言っても、収穫がなかったとは言えません。それは「ナナ馬券」の存在です。「ナナ馬券」とは、7絡みの馬券であり、「那奈」にひっかけたものです。わたしが最初に見つけたのではなく、MXの大井競馬中継で、解説者が語っていたものです。「那奈」とは沖津那奈さんのことであり、南関東地方競馬チャンネルのキャスターを務めています。

 

彼女が出てくると、わたしにとっては心地良い声であるので、ついつい競馬そっちのけで、引き込まれてしまいそうですが、これ以上述べると、競馬から大きく離れてしまいそうなので、この辺りで止めておきます。(笑)

 

ともあれ、「ナナ馬券」がL-WING賞で登場し、「純粋ナナ馬券」とも言える、枠連7-7を手にすることができました。非常に嬉しく思い、ついつい浮かれてしまいました。

 


- 2016年 第15回 大井競馬 第3日 L-WING賞 -

 

今後は、「ナナ馬券」をさらにゲットできるように、大井を含めた南関東競馬全体にトライしていきたいですが、それもまたなんだかなあ、ともう一人の自分が囁いていることも事実です。けれども、振り返れば、L-WING賞の「ナナ馬券」で止めておけば、マイナスであっても十分許容できる範囲でした。大いに反省すべき点であり、今後に活かせる教訓になるだろうと思っています。

 

なお、大井競馬のレースには、いくつか個人的に思い入れがあります。独特の雰囲気があり、地方競馬の最高峰と言っても、過言ではないでしょう。また、南関東競馬全体で見れば、やはり、地元の浦和競馬には、思い出もあります。これらはまた、折を見て、このサイトで述べてみたいと思っています。

 

今回もまとまりのない文章となりましたが、ここまでお読みいただけましたら、誠にうれしい限りです。次回は、「幸せなナナ馬券」の話ができれば、と思っていますが、いつになるのやら、とも感じております。(笑)

 

よろしくお願いします。

 
 

参照 : 2016年 第15回 大井競馬成績(レース動画へのリンク付)

- 12月28日 第11R L-WING賞

- 12月29日 第10R 東京大賞典

- 12月30日 第10R 東京シンデレラマイル

- 12月31日 第10R 東京2歳優駿牝馬

 
 

 



記事リンク ご感想