自虐ギャグで貫かれた破壊フィルム 北野武監督作品 監督・ばんざい!

北野武監督作品として、第13作目に公開されたのが「監督・ばんざい!」である。2007年に上映され、わたしは映画館ではなく、レンタルDVDで視聴した。何かを追いかけ、時が経って振り返ってみると、その頃何をしていたのか、自然と思い出す。

 

「監督・ばんざい!」が上映された頃、わたしはすでに第二次独身時代であった。派遣社員であり、それ程給与がなくても、犬との暮らしには困っていなかった。だが、北野武監督から離れ始めた頃であり、「監督・ばんざい!」が最後に視聴した作品だった。今回、約10年ぶりに再視聴し、意外に楽しく見ることができた。

 

映画の内容は、監督である北野武の頭の中を覗く、と言えるだろう。

 

ヒット作に恵まれない映画監督である北野武は、脳の検査を受ける。それまでに思いついた作品が、お決まりのギャング映画や小津安二郎を模した家族映画、あるいは、恋愛映画などであった。しかし、どの作品も失敗作であり、どうしようか迷っていると、自身初であるSF映画を手がけることにした。詐欺師の母娘が主人公となり、ハチャメチャな展開が続いていく。

 
 

 
 

以上、大まかなストーリーであるが、初めて見た時、たけしらしいと思った。自虐的な内容で、テレビで見たようなギャグシーンが登場する。ブラック・ユーモアや下ネタ等もあり、笑いが出てきたことも確かだ。けれども、フェリーニを意識しているな、とも思い、今回見返した時でも、変わらぬ感想だ。

 

北野武監督自身、フェリーニがお気に入りのようだ。記憶の中の話で申し訳ないが、フェリーニの「8 1/2」を賞賛していたと思う。しかも、難しい映画ではなく意外に簡単なのでは、とも述べていた。

 

わたしも、学生の時に「8 1/2」を視聴した。作品を生み出すことに悩んでいた映画監督が主人公であり、「監督・ばんざい!」と似たような面がある。「8 1/2」では、いわば客観的な描写であり、フェリーニ自身を覗くという設定ではない。けれども、映画監督の頭の中身を見ているようであり、共通点がある。

 
 

 
 

そうは言っても、フェリーニの中にも感覚的な描写があり、独特な映像美を目にすることができる。「監督・ばんざい!」の場合、北野武監督のお笑いが反映され、自虐ギャグが満載である。こんなことを頭の中で描いているの?、とつい思ってしまうかもしれない。

 

しかし、お笑いが強いとはいえ、感覚映像満載ということでは、やはり「8 1/2」と似ている。マンガ雑誌を見ているような感じもあり、自身の影響がにじみ出ているのだろう。

 

遊びにふけっている少年が、空き地のドカンの上で少年マンガ誌を食い入るように読んでいる姿が、浮かんでくる。「監督・ばんざい!」の中に、古臭いロボットが出てくるが、これは北野武監督自身が読んだマンガの影響かもしれない。

 
 

 
 

聞いた話によれば、「TAKESHIS’」と同様、「監督・ばんざい!」も北野武監督自身が、悩んでいた時に制作されたようだ。海外では自身の作が受けるのに、国内ではあまり高評価を得ないというのが、主因のようだ。

 

もっとも、表現者というものは、ウソつきでなければ続けられないとも思っている。上記のことが本音なのかそうでないのか、わたしは判断しない。「ソナチネ」が典型的であるが、北野武監督作品は、日本で制作されても海外から輸入されるような感じがある。

 

これを「進んでいる進んでいない」という単純な二元論にはしたくない。時代の要請もあろうし、良質の作品というものは、時間の経過によって、評価されることもまた、これまでにあったことだ。

 
 

 
 

しかし、「ソナチネ」が公開され、「みんな~やってるか!」が制作され、バイク事故を引き起こしたことを鑑みれば、北野武監督の個人的な何かが、「監督・ばんざい!」に反映しているのかもしれない。

 

もしそうであれば、自身を曝け出し、まるで私小説家のようでもある。もっとも、先と矛盾するようであるが、表現者は自身を反映させなければ表現者とは言えないのかもしれない。ウソとは作り話を制作することであり、意味までウソというものではない。だからこそ、必ずしも売れた作品だけが、良好なものであるとは言えないのだろう。

 

自身をさらせば、感性を受け止められる人と受け止められない人ができる。訳の分からない作品に思えるのは、感性の違いとも見なせる。北野武監督作品には、そういうものが多々あるように思う。「監督・ばんざい!」も、感覚的な映画と言え、監督との感性はもちろん、自虐自体が合わない人には、好かれない作品かもしれない。

 
 

 
 

ともあれ、今回「監督・ばんざい!」を見返し、意外に感じたことは、あとからジワジワ来るということだ。見終わった後は、ふうんという感じでも、種々のシーンを思い出すと、つい吹き出したくなることもあれば、いつまでも離れないような感じもある。

 

たとえば、詐欺師の母娘は、登場からして印象的だ。ラーメン屋で二人がカメラに顔を向けているところから、映像に出て来る。一見すると、母娘なのかわからないような感じもし、そこもまた面白いところだ。

 

おそらく「監督・ばんざい!」は、「みんな~やってるか!」と同じような位置づけになろう。すなわち、破壊をキーワードにすれば、どちらもそれまでの作品を破壊しているようである。多弁を含めるのであれば、「菊次郎の夏」も同様になる。やはり、北野武監督は、破壊と建設の表現者、と思ってしまう。

 

だらだらと述べて来た割には、中身の薄いレビューとなった。わたしの場合、破壊にもならない破壊ばかりであり、建設がちっともできていない。少しは北野武監督に学んだ方がいいのだろうが、その器も備えていないのだろう。

 

今回は、これまでである。

 
 

 
 

 



記事リンク ご感想