ボクシングと破壊と建設と 北野武監督作品 キッズ・リターン

「キッズ・リターン」は、1996年に公開された北野武監督作品である。バイク事故復帰後の第一作目であり、当時注目が集まっていたことを覚えている。映画館で見た記憶はなく、お決まりのようにレンタルビデオだった。しかし、たまたま古本屋でパンフレットを見つけ、即座に購入した。それだけ、わたしの心にも深く印象に残っていた映画である。

 
 

 
 

物語は、高校の同級生であるシンジとマサルが中心である。二人共、好き放題に生活し、学校に来ても、授業には出席せず、教師をからかったり、屋上でタバコを吸ったりしている。時に、マサルが街でカツアゲをし、遊び金を手に入れた。しかし、ある日、カツアゲした相手の知り合いに、仕返しされた。彼はボクサーであり、マサルがあっという間に倒されてしまった。

 

翌日からマサルが学校へ行かなくなった。シンジが心配していると、マサルが放課後に学校へ来た。ボクシングを始めたとのことで、シンジもジムに入門することになった。そうして、二人は、同じ道を歩もうとし、様々な出来事が起こって行く。

 

以上、シンジとマサルを中心とした、あらすじだが、彼ら以外の物語も、挿入されている。いずれも同級生たちの話であり、様々な一面を伺える。複数の話が一つの映画の中で描かれているのは、後年の「Dolls」と似ている。けれども、「Dolls」の場合、関連性が薄かったが、「キッズ・リターン」では、全員が同じ高校の同級生である。

 

いわば、同じ卵から生まれた雛がそれぞれの物語を歩み、「Dolls」とは間逆であろう。そうは言っても、北野武らしい現実の厳しさや残酷さなどが描かれ、単なる青春映画ではない。

 

それを象徴しているのが、ボクシングだ。北野武監督自身、若かりし頃は、ボクサーを目指していたようで、画面の端々から肩入れしていることが伺える。雑居ビルにあるジムでの練習風景、勝つための際どい技術などは、経験者ならではの演出かもしれない。

 
 

 
 

実はわたしの次兄が、中学の時にボクシングジムに通ったことがある。一度だけジムの外から練習風景を見たことがあり、使い古されたサンドバッグに向かって、彼がひたすら打ち込んでいた。つい矢吹丈の姿が重なり、わたしは憧れていた。いつかは自分も、と思い、学生になり、体同連ボクシング部に入部した。3回生で引退する部であったが、2回生から始め、実質1年程の経験だった。

 

それでも、ボクシングジム独特の汗臭さなどは、忘れられない。初めてのスパーリングでは、分けが分からず、先輩に一方的に打ち込まれた。「キッズ・リターン」の中でも、そういう場面が出て来る。教えを請うても、実にあっさりしたもので、映画の中でもジャブの教えが、その通りに描かれていた。個人的なことであるが、これではダメだ、と思い、次兄と練習することにした。

 

ボクシング部の先輩よりも、実になったことは確かだった。勝負の付かない練習試合だけ出場したが、一方的に打ち込まれることはなく、それなりに対処できた。以後、運動はダメだ、と思っていたが、他のスポーツにも興味を持つようになった。

 

サッカーやラグビー、あるいは、オリンピックの試合などをきちんと見るようになったのは、この頃からだ。後年、総合格闘技にも夢中になったことがあるが、ボクシングの経験が大きく影響していた。

 
 

 
 

上記のようなことがあったため、「キッズ・リターン」と言えば、ボクシングを連想する。しかも、印象に残っているシーンと言えば、とりわけ、シンジが練習でカウンターを取る場面である。リアルさを感じられるので、さすが北野武、と思ってしまった。

 

けれども、ボクシングを続け、しかもチャンピオンになることは、決して甘いものではない。才能の有無もそうだが、何より精神力を保つことが重要である。シンジはまさに、それを証明してしまった。これも現実であろう。

 

また、「キッズ・リターン」を一言にすれば、バカたちの物語である。シンジとマサルも然り、他の同級生たちもそうである。特に焦点が当てられているシンジとマサルは、一旦は立場が逆になる。ボクシングでは、シンジの方がマサルよりも強かった。けれども、マサルは自分の道を諦めず、ヤクザの道へ進むことになる。

 

ある程度のところまで、マサルは上り詰めるが、結局は挫折してしまう。ヤクザ特有の流儀に背いたかもしれないが、マサルは組を離れることになる。シンジもまた、ボクシングを止め、久しぶりに二人が再び会うことになった。順序が逆だが、映画の始まりは、二人の再会シーンからだった。

 
 

 
 

シンジもマサルも、弱いと言えば、それまでである。特にシンジは、ジムのだらしない先輩に誘惑され、酒を飲むようになり、だらけた生活へ逆戻りしてしまった。将来を嘱望されながらも、自分から逃げてしまったことと一緒だった。

 

欲望に負けたとも言えるが、ボクシングで強くなりたいことも欲望ならば、欲望の方向が変わったとも言えるだろう。それが誘惑というところに、高校生の少年がメインキャラクターとはいえ、人そのものの弱さを感じることができる。

 

しかし、それでも、人は何かを見つけようとするかもしれない。たとえバカであっても、そうしなければ、生きて行くことはできないのかもしれない。いや、生きるとはそういうものかもしれない。ネタバレになるだろうが、「キッズ・リターン」は最後のセリフが、すべてを物語っているようだ。

 

久しぶりに母校の校庭で、シンジとマサルが二人乗りをしている。

「マァちゃん、おれたちもう終わっちゃたのかな?」
「バカヤロ。まだ始まっちゃいねえよ!!」

 
 

 
 

見終わった後、わたしは、ふと宮沢賢治を思い浮かべた。有名な「雨ニモ負ケズ」の言葉が浮かび上がり、なるほどな、と思ってしまった。このレビューは、改めて視聴した後、作成しているが、初めて見た時も、今回も同じように思った。「雨ニモ負ケズ」ではデクノボーであり、しかも、人の役に立ちたいことが書かれている。

 

一方、「キッズ・リターン」では、先述しているように、バカの物語である。バカもデクノボーも似ているが、「キッズ・リターン」では、個人的な要素が強い。シンジやマサルそれぞれ自身が、それぞれのために生きているようである。けれども、人のためでも自分のためでも、方向は異なるが、根は同じようなものかもしれない。

 

何かが建設されれば、それを破壊し、そうして新たに建設し、また破壊をする。同じようなことを繰り返しながらも、少しずつ進み、回帰していく。どんな困難があろうと、めげずに前へ進み、何かを作り上げようとする。繰り返すようであるが、生きていくとはそのようなことに感じる。

 

やはり、バイク事故復帰後第一作目であり、北野武監督自身の経験も色濃く反映されているかもしれない。事故によって、危機を脱し、再び生きていくことになった。それまでのものを破壊したようであり、新たに建設していく。愚かなことをしながらも、また愚かなように前に進んで行く。もしかしたら、そんなようなことが含められているのかもしれない。

 
 

 
 

さらに、上記で述べた「破壊と建設」の物語は、音楽と非常にマッチしている。テンポの良い単調な旋律であり、「ソナチネ」などと同様、久石譲が担当している。見返した今回でも、初めて見た時でも、大いに元気が出て来た。冷静に見れば、失敗者たちの物語である。今風に言えば、負け組のストーリーかもしれない。それでも前を向いて行こうとし、音楽がその心情を端的に語っているようでもある。

 

もしかしたら、北野武監督作品の中で、「ソナチネ」に次ぐ人気作かもしれない。天才が登場することもなく、より身近に感じられるキャラクターである。多くの人が挫折し、成功者は一握りである。むしろ、格差社会などと言われている現在にこそ、共感する人が多いかもしれない。

 

わたし自身も、決して成功者とは言えず、「破壊と建設」ばかりである。現在、北野武に回帰することができ、良い年をしながらも、再び建設が始まるかもしれない。だからこそ、「キッズ・リターン」を見て、余計に勇気が湧いてきた。同時に、たとえ負け組であろうと、意地だけは持っていたい。福沢諭吉の「痩せ我慢の説」にも通じるように思うが、的はずれな物言いだろうか?

 

いずれにせよ、「キッズ・リターン」は、バカたちの物語であっても、元気や勇気が湧いて来る。自分の身近に感じられるキャラクターでもあり、純粋に楽しめるヒューマンドラマでもある。

 

舌足らずで、中身の薄いレビューだが、今回は以上である。

 
 

 
 

音声レビューもアップしました。こちらもご覧いただければ幸いです。

2017年5月26日

 
 

 



記事リンク ご感想