動と静の中の欲望の連鎖 北野武監督作品 アウトレイジ

北野武監督作品「アウトレイジ」が公開されたのは、2010年である。当時は、映画などを積極的に見ようとせず、北野武監督作品からも離れていた。そのため、劇場で鑑賞することはなかった。

 

今回が初視聴となったが、見終わった後、北野武監督は健在であると思った。エンターテイメント映画であるが、北野スタイルを堅持し、より洗練された動と静を組み合わせ、「痛い暴力」を表現している。

 

物語を端的に言えば、ヤクザの抗争劇である。

 
 

 
 

池元組配下の大友組は、武闘派組織でもあり、池元組組長から面倒な仕事ばかりを任される。総本家の山王会から釘をさされた池元組組長は、大友組を使い、兄弟分で山王会の配下に入っていない村瀬組と、見せかけの争いをするよう命令した。大友組は、その通り実行するが、村瀬組組員は敵対者と誤解し、一部の山王会上層部は大友組のシマを独占しようと企てた。そうして、グループ内での裏切りなどが起こり、激しい抗争劇へと向かって行く。

 

以上、「アウトレイジ」の」大まかな内容であるが、先の言葉を換えれば、ヤクザ同士の欲望に基づいた復讐劇でもある。配下の組のシマを横取りすべく、様々な企みをする。あるいは、昔ながらの任侠精神を持っている組員たちは、自分たちを蔑ろにした組織幹部に怨みを持つ。血で血を争う戦いが、メインストーリーでもあろう。

 
 

 
 

けれども、単なるバイオレンス映画でないことは、北野武監督ならではである。

 

「痛い暴力」は健在であり、典型的なのがビートたけし演じる大友組組長が、親分でもある池元組組長に復讐を遂げる場面だ。池元組組長が舌を出した瞬間、大友組組長が顎を突き上げる。池元組組長が自ら舌を噛んでしまい、その場に倒れる。あるいは、覚醒剤を横流ししていたラーメン屋店主の耳に割り箸を突っ込むシーンなど、作り物であると知りながらも、思わず「痛い」と感じる。

 

おそらくこういう「痛い暴力」シーンを見て、北野武監督が暴力好きと思う人はいないだろう。むしろ、暴力が嫌いであり、だからこそ「痛い」思いを映像に込めているようにも感じられる。現に北野武監督は、自ら「長い暴力シーンは嫌い」と発言していた。あっさり終わる暴力シーンは、リアリティの一部でもあるが、そういう彼の思いが含まれていることも、見ている側としては知っておいて損はないだろう。

 
 

 
 

しかし、「アウトレイジ」は、第63回カンヌ映画祭に出品し、良い評価を得られなかった。

 

- シネマトゥデイ(2010年5月18日)
- 厳しい評価!北野武監督『アウトレイジ』星取表で最低点!5点満点で0.9点【第63回カンヌ国際映画祭】

 

上記の記事によれば、バイオレンス・シーンが嫌われたようで、見るべきでないとの警告を発した審査員もいた。けれども、同じように暴力シーンが多々使われていたタンランティーノの「パルプ・フィクション」は、第47回カンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞している。1994年度であるため、かなり時間が経過し、時代が変わったと見なすこともできる。

 

そうは言っても、カンヌにはカンヌに好かれる作風があるのだろう。むしろ、先の記事にもあるように、アメリカでの評価が高かったようで、至極納得できることだ。また、日本公開時でも、北野武監督作品の中では、興行成績が良好だった。カンヌで嫌われたからと言って、「アウトレイジ」自体に価値がないとは言えないだろう。

 
 

 
 

わたしに言わせれば、「アウトレイジ」は純粋なエンターテイメント作品である。観客に受け入れやすかったのは、難しいテーマなどを考えなくても、視聴できるからだろう。だからといって、ドラマがないと言うことではない。義理人情や裏切り、不安や怯えなどがきちんと表現されている。

 

仮に欠点を挙げるなら、またヤクザを使ったということである。実は「アウトレイジ」を鑑賞する前に、2015年公開の「龍三と七人の子分たち」を見た。「アキレスと亀」の後、今年(2017年)公開予定の「アウトレイジ 最終章」を含め、四作品がヤクザを主人公としている。

 

日本を舞台にしたバイオレンス映画を作るのであれば、ヤクザが最も扱いやすいのかもしれない。また、60年代から続く任侠映画の下地もあり、観客に受け入れやすい環境があることも、確かだろう。これを鑑みれば、致し方ない面もある。だからこそ、「アウトレイジ」では、よりエンターテイメントを強め、より激しさを増した暴力シーンを盛り込んだのかもしれない。

 
 

 
 

ただし、続編の「アウトレイジ ビヨンド」を見た後、北野武監督は、ゴッドファーザー・シリーズを意識しているのでは、と思った。ゴッドファーザー・シリーズも、エンターテイメント映画の一つと言えるが、きちんとしたドラマが描かれている。親子やマフィア同士の葛藤などは、見ているものに熱く伝わってこよう。

 

アメリカがマフィアなら、日本はヤクザ、と北野武監督であれば、容易に考えつけることのように思う。ゴッドファーザー・シリーズと同様、「アウトレイジ」は全三部作となる。今年公開予定の最終作が非常に楽しみである。

 

また、ゴッドファーザー・シリーズばかりでなく、タランティーノも意識しているかもしれない。彼の映画も、バイオレンスで知られ、動と静を使った「痛い暴力」を目にすることができる。しかし、北野武監督との最大の違いは、スプラッター・ムービーのようなバイオレンスが多いことだ。

 

エンターテイメントとして楽しめる人もいようが、わたしは基本的にスプラッター・ムービーやホラー映画などは好きではない。どこかしらリアリティが薄い感じがするからだ。もっとも、存在を否定しているのではなく、そういう映画があっても良いであろう、とは思っている。

 
 

 
 

長くなった。もうそろそろで終わりにするが、「アウトレイジ」であと一つだけ、目立った点がある。それは役者が変わったことである。いわゆる北野組の役者を使わず、有名俳優たちが演じていたことだ。

 

これは似たような作品である「Brother」とは違っている。「Brother」もエンターテイメントの要素があるが、こちらは北野組のエンターテイメント映画であり、身内による作品とも言えよう。

 

しかし、「アウトレイジ」に関しては、より多くの人々に訴えようと、有名俳優を配したのでは、と思ってしまった。この点では「座頭市」と似ている面があり、それよりもさらに、エンターテイメント性を狙ったのかもしれない。

 

そして、個性豊かな有名俳優に見合ったシーンを提供し、観客によりインパクトを与えているように思える。だからこそ、興行成績なども良好だったのではなかろうか?

 

これでこの記事は、本当にお終いである。相変わらず、中身の薄いレビューであるが、ここまでお読みいただいたのであれば、幸いである。次回もまた不定期更新だ。

 
 

 
 

 



記事リンク ご感想