突発的暴力表現の先駆け 北野武監督作品 その男、凶暴につき

北野武監督の第一作目が、「その男、凶暴につき」である。1989年に公開され、ヨコハマ映画祭の監督賞を受賞している。現在とは異なり、脚本を手掛けてはいないが、今日に通じるような映像を見ることもできる。

 

映画は、ビートたけし演じる我妻刑事を中心に、物語が展開されて行く。

 

我妻は、凶悪犯を追いかける敏腕刑事であるが、逸脱した手法で犯人を捕まえる。ホームレスに暴力を奮った少年を自宅まで追い、力で出頭を促す。ヒモの男が、署内で逆ギレすれば、これも力で黙らせる。さらに、薬物中毒の男を追跡し、車で轢いた後、何度も蹴り上げた。本能のままと言える刑事だ。そんな我妻が、大規模な覚醒剤密売ルートを捜査し、同僚である岩城刑事の噂を耳にする。そうして、裏組織を仕切る実業家や殺し屋などと対決する。

 
 

 
 

以上、大雑把な内容であるが、全体的に見れば、タイトル通り「凶暴な男」の物語であろう。我妻刑事が象徴するように、暴力と切っても切れない関係にある。けれども、彼の最大の敵である清弘もまた「凶暴な男」であり、攻撃的な面を表に出さなくても「凶暴な男」が登場している。その男、ではなく、その男たち、というのが正確かもしれない。

 

そういう面があるからだろう。簡単に言えば、絶望の映画でもある。暴力が再生産され、どこで終わるのかが見えない。人の負の部分をこれでもかこれでもか、と表現している。だからこそ結果的に、主演ビートたけし、監督北野武であることが、最も適切だったのかもしれない。

 

もし救いを見出すのであれば、我妻が妹思いの点である。むしろ、そうであるからこそ、ラストへつながるシーンが出てきたとも言える。皮肉な救い方でもあろうが、これもまた、生死を踏まえた人の負の行為でもあろう。

 
 

 
 

「その男、凶暴につき」が公開された時、わたしは浪人生だった。高校生の時に、映画の面白さを感じ、何度か映画館へは行った。しかし、本格的に夢中になったのは、学生になってからであり、浪人生の頃では、当然受験が第一だった。けれども、「その男、凶暴につき」はテレビで放映され、学習の合間に視聴した。

 

まだまだ多感だったとも言えるだろう。ストーリー云々よりも暴力シーンに圧倒され、さすがたけし、と素直に思った。特に冒頭シーンが印象に残った。少年たちが公園で食事中のホームレスを襲撃する。最初はからかうような暴力であったが、だんだんエスカレートし、ついには、うつ伏せになったホームレスを、背中から自転車で叩きつけた。

 
 

 
 

些細な事が喧嘩に結びつくように、からかいの暴力も、時に最高潮に達してしまう。この点に、未熟なわたしでもリアルさを感じた。そして、全体的に緊張感があり、「突発的暴力表現」がいつ出るのか、ドキドキしながらラストまで見てしまった。

 

学生になった時、映画好きの友人が出来た。彼から小津安二郎や黒澤明を学び、おそらく彼には北野武を伝えられたと思う。なかなかだよ、との言葉を聞いた。映画に夢中になってから、「その男、凶暴につき」を見直した。すると、先のテレビではカットされていたシーンが、いくつかあった。

 

特に残念だったのは、ラストにつながる工場のシーンで、重要なセリフが削除されていたことだ。テレビは大衆向けであるので、仕方ない面があるのだろう。もし視聴していないのであれば、DVDあるいはブルーレイ・ディスクをオススメしたい。

 
 

 
 

ところで、先でも少し触れているが、「その男、凶暴につき」は「突発的暴力表現」の映画でもある。言い換えれば、突然の暴力シーンがあり、緊張感漂う作品でもある。わたしの記憶では、おそらく「突発的暴力表現」の先駆けは、まさにこの映画であったろう。

 

後年、タランティーノの「パルプ・フィクション」が公開され、以降「突発的暴力表現」が流行りのようになった。今では、当たり前のようにアクション映画などでも使われているが、「パルプ・フィクション」が大きな影響を与えたように見える。しかし、すでにお分かもしれないが、「パルプ・フィクション」は1994年に上映され、時間からすれば、「その男、凶暴につき」の方が5年も早い。

 

このように考えられるのも、「パルプ・フィクション」が、カンヌ映画祭でパルム・ドールを受賞したからだろう。「その男、凶暴につき」は日本発の賞を取ったとはいえ、海外ではあまり知られることがなかったかもしれない。ただし、タランティーノは、映画オタクのような監督であり、日本の任侠映画などをよく知っているようだ。もしかしたら「その男、凶暴につき」も視聴し、表現方法を学んでいたのかもしれない。

 
 

 
 

また、突発的暴力というと、理由がないように見える。確かに被害者においては、その通りであろう。しかし、加害者においては、しっかり理由付けがなされていることもある。突発的暴力に至るまでに心の中で様々な葛藤をしている。それに耐えきれなくなり、暴力に訴えてしまう。「キレる」もまさに、これに近いようなことだろう。

 

突発的暴力を避けるには、そういう葛藤を理解できればいいのであろうが、果たしてそこまで人が人の心を読めるだろうか? 優秀な心理学者であれば、それが可能であろうか? 結局は対処療法をしっかりしておく以外、防止方法はないのではなかろうか? 突発的暴力を正当化している訳ではないが、こんなことも思っている。

 

やはり、人は主観的な生き物である。それが強さでもあり、弱さでもある。「その男、凶暴につき」とは関係ないように見えるが、わたしには、そう感じられてしまう。

 

だらだらと中身の薄いレビューを書いてきたが、今回はこれまでである。ここまでお読みいただけたのであれば、作成者冥利に尽き、大変有難いことである。

 
 

 
 

 



記事リンク ご感想