スタイリッシュなエンターテイメント時代劇 北野武監督作品 座頭市

「Dolls」公開の翌年である2003年に、「座頭市」が上映された。「Dolls」と同様、地元浦和の映画館で鑑賞し、見終わった後、お見事と思った。当時の連れも一緒であったが、思わず二人で拍手した記憶がある。

 

しかも、エンドロールが終わるまで見続けた。しばらく余韻に浸り、バックグラウンド・ミュージックが頭の中を駆け巡っていたことを覚えている。

 

今回見返しても、上記の感想に変わりはない。わたしが視聴した、北野武監督作品の中では、「みんな~やってるか!」に次ぐエンターテイメント映画である。けれども、「みんな~やってるか!」は、公開当時、評判が悪かった。ギャグ・ロードムービーと見れば、好評価を与えても良いように思うが、知る限り、故淀川長治のみが賞賛していた。

 
 

 
 

そうは言っても、わたしにとっては、「座頭市」の方が上である。正直、「みんな~やってるか!」のギャグは、下ネタ・オンパレードであり、途中で飽きてしまう。殿ご乱心、と言われていたようで、バイク事故に近い時期に完成し、致し方ない面もあるのだろう。

 

それに引き換え、「座頭市」では、すでに北野スタイルが出来上がっていたように思う。記事タイトルと同様、スタイリッシュなエンターテイメント時代劇である。公開時にはあまり気にならなかったが、今回見返し、光と影が非常に印象的だった。しかも、毎度のように小津さんのようなアングルがあり、スローモーションなども取り入れ、映画というおもちゃを使い回しているようだ。

 
 

 
 

また、「座頭市」には、過去の映画のオマージュが散りばめられているように感じた。たとえば、田を耕す農民たちや最後の櫓を作るシーンなどは、フェリーニの「8 1/2」を思い出す。主人公の背景に唐突なように出てくるサーカス団のようだ。あるいは、雨の中で、市がヤクザ連中と戦うシーンがあるが、黒澤明の一連の時代劇を連想する。

 
 

 

 
 

さらに、考え過ぎかもしれないが、盗賊一味である「扇屋」の子供が、小津さんの子役とダブってくる。小津映画の特徴は、子役の使い方が上手いとされる。戦前の作品から評判であり、わたしとしては、戦後の「お早う」に端的に出ているように思う。もちろん、両親を殺された旅芸者の姉弟も、幼い頃のシーンでは、小津さんの映画を意識しているようにも感じる。

 
 

 
 

おそらく、かつてとは異なり、北野武の名がすでに知れ渡っていたため、こういうオマージュを敢えて入れることで、遊んでいたのかもしれない。遊びと言っても、単なるギャグという訳ではなく、横道にそれる楽しさとも言えるものだ。

 

ただし、一点不満に感じたのは、衣装がキレイ過ぎることだ。武士政権の時代でも、小奇麗な格好をした人々はいたであろうが、時代劇であるので、もう少し汚れていても良かった。黒澤明の時代劇作品では、もっと汚い衣装であったと思う。現代にそういうことを求めるのは、酷なのかもしれないが、やはり、わたしみたいな者には、気になってしまう。

 

いずれにせよ、「座頭市」は、北野武監督作品の中でも、比較的肩肘貼らずに鑑賞できる勧善懲悪の映画だ。特にラストの祭りのシーンは、「座頭市」の醍醐味であり、全てが集約され、単なる時代劇ではない特徴をも表していると思う。

 
 

 
 

なお、オリジナルの第一弾「座頭市物語」を見たことがある。白黒映像で、北野武監督作品の「座頭市」とは違い、王道を行く時代劇映画と感じた。しかし、印象に残っているのが、市が仕事をせびるシーンである。どんな境遇にいようと、人は欲から離れられないとも思った。

 

相も変わらず、中身の薄い記事となった。しかし、ここまでお読みいただけたのであれば、感謝に絶えない。次回もまた、よろしくお願いしたい。

 
 

 
 

 



記事リンク ご感想