食べたいな

香ばしい 鰻の匂い

神々しい 刺身の光

半熟卵が乗った 醤油ラーメン

胡椒が乙な チキンの魅惑

 

ああ 食べたいな 食べたいな

ああ どれもこれも 食べたいな

ああ 食べたいな 食べたいな

ああ どれもこれも 食べたいな

“食べたいな” の続きを読む

歩道橋

きみの便りを見る度に 思い出すのは歩道橋

とぼとぼ歩いた あの上で 心の中に隙間風

振り向かない そう決めて 立ち去った

 

あれから どれだけ経過した?

あれから どれだけ経過した?

 

忘れよう忘れよう 何度も何度も誓ってた

離れよう離れよう 何度も何度も誓ってた

もういいよたくさんだ 何度も何度も誓ってた

“歩道橋” の続きを読む

マッカチン

ずんぐりむっくり 青っ鼻

スポーツ刈りで 半ズボン

 

簡素な釣り竿 バケツと一緒に 籠へ入れ

チャリンコ コギコギ 近所の小川

 

さきいか付けて 水面へ垂らし

願うは大漁 大漁だい

“マッカチン” の続きを読む

白煙

くゆりと昇る 白煙に 

オレは 時々想ってる

 

ああ このオレも 

いずれは 白い骨と化す

ああ このオレも

いずれは 見知らぬ世界へと

 

寂しさ? 侘しさ? いや 不可思議だ

“白煙” の続きを読む

ようやくやっと

忘れたくないものがある 人として

失いたくないものがある 男として

 

ようやく 運の巡り?

やっと 理想の道?

 

ただの失敗者 ただの崩れ者

 

己の時間を 多く持ち 気軽に詠う 自己の世界

“ようやくやっと” の続きを読む