ご挨拶に代えて

当サイトは、昨年(2016年)の秋頃に、一度削除しました。すでに用済み、と思ったのですが、今年に入って復帰させようと思いました。削除の時は、一般的なブログ記事のようなものばかりを集めていましたが、今回から競馬関連、および、創作ものも付け加えることにしました。

 

振り返れば、学生時代に淡い夢を持ち、それを実現させたようなサイトになっています。良く言えばシンプル、悪く言えば考えなしのデザインであり、元々のいい加減な性格が、深く関係しているのでしょう。

 

非常に個人的なサイトであり、自己満足であることに変わりはありません。俗に言う「情報」とは全く関連性のないサイトであるかもしれません。しかし、そんなところでも、何程かお役に立ち、そうして、お読みいただけるようであれば、この上ない喜びです。

 

そう言えば、競馬と言えば寺山修司を思い出します。独特の訛のある作家であり、競馬エッセイなどを書き上げていたことで、知られています。彼は革新的な演劇人でもあり、なおかつ、歌人でもありました。何冊か書籍を読んだことがありますが、残念ながら競馬エッセイはありません。

 

けれども、彼が生きていた時代の名馬と言えば、ハイセイコーになります。わたしは、競馬を一度断念し、現在第二次現役時代に突入していますが、ハイセイコーの子であれば、記憶に残っている競走馬がいます。このサイトでも触れていますが、アウトランセイコーとハクタイセイです。

 

わたしにとっての第一次現役時代に活躍し、どちらもテレビ観戦したことがあります。今でも好きな競走馬が、第一次現役時代に出会ったものばかりであり、とりわけ、トウカイテイオーは、わたしにとっては、忘れられない名馬となっています。独特の前髪と悪役のような存在感は、いつまでも心に残るようです。

 

いずれにせよ、このサイトは、若かりし頃の夢を表現した、非常に個人的なサイトです。文体に関しては、その時その時で異なっています。こういうところでも、お楽しみいただるようでしたら、誠にうれしい限りです。

 

2017年1月16日 記 : 管理人ことシムタケ (さいたま市桜区在住の浦和っ子)

 

 
 


 
 

 

日記

- 69回目の8/15

- 生きている、生かされている

- 我思うゆえに我日本なり

- 神社への散歩

- 岩倉具視の500円札と上野駅

- もう4年、されど4年 東日本大震災

- カッパと柳田国男と東北

- 「踊る人形」ならぬ「踊るロボット(Robi)」

- 小春日和なツブヤキ

- 地元近くでもカッパ(志木市)

- 夜桜の田島氷川神社

- 春を感じながらも無気力な日

- とりとめのない言葉

- 形にならない想い

- 二つの顔の太宰

- もうすぐ開花予想

- 一ヶ月遅れ、されど一ヶ月遅れの初詣 田島氷川神社

- 過去の自分と御対面 小田和正 アーティスト・セレクション

- 変わったことと変わらないこと 東日本大震災から6年

- 兎と馬と桜の日 調神社から浦和競馬場へ

 


 

競馬

- 暑くなった5月と競馬

- 毎年想ふ、相馬野馬追

- 賭けるだけが競馬ではない

- 忘れられないアイネスフウジンとナカノコール

- 転んでもただでは起きなかったトウカイテイオー

- 思い出の一等星がハープスター

- 行く河の流れを感じたメジロライアンの訃報

- オールカマーと言えば、みんな来いねで、浦和のアウトランセイコー

- 最後の最後の魅力 1992年と2016年のスプリンターズステークス

- 菊花賞の思い出は、斜光に彩られたミホノブルボンとライスシャワー

- モーリスのための秋の天皇賞とメジロマックイーン

- 心に残っているエリザベス女王杯は、タケノベルベットとディアデラマドレ

- 願わくば 3.6倍 キタサンブラック 2016年ジャパンカップ

- お年玉と考えよう キタサンブラックのネーム入りエコカイロ

- 荒レル金杯遠キニケリヤ 2017年中山金杯

- 単勝 それは華麗なる王道 競馬小話 (一)

- 結果的にゴールドアリュールへの鎮魂レース 2017年フェブラリーステークス

- 好きではなくても、印象に残っている 二冠馬ミホノブルボン

- 次はマックイーンかテイオーか G1初代王者キタサンブラック 2017年大阪杯

 


 

創作

- 創作 ストンッ、と落ちる (一)

- 拙作 泣きたい時だってあるさ

- 拙作 融解する私

- 拙作 あたし 待ってるから

 


 

私見

- ペットの影響が反映する?! アニメ 七つの海のティコ

- ペットに託つけながら楽しんでいる、ただのオヤジと妖怪ウォッチ

- スマホゲームにも取り憑かれたオヤジ 妖怪ウォッチぷにぷに

- いい年をしながら、妖怪ウォッチグッズで喜ぶ

- 新幹線が止まらない街 アニメ 浦和の調(うさぎ)ちゃん

- 派遣時代を思い浮かべる 篠原涼子主演 ハケンの品格

 

北野武

- 色褪せない操り人形と鮮やかな海 北野武監督作品 ソナチネ

- 語らなくても語っている 北野武監督作品 あの夏、いちばん静かな海

- 時間が経つにつれ、ジワジワと押し寄せる 北野武監督作品 Dolls

- スタイリッシュなエンターテイメント時代劇 北野武監督作品 座頭市

- 妻の姿に子が宿る 北野武監督作品 HANA-BI

- 多弁の向こうを感じさせる家族映画 北野武監督作品 菊次郎の夏

- ボクシングと破壊と建設と 北野武監督作品 キッズ・リターン

- 突発的暴力表現の先駆け 北野武監督作品 その男、凶暴につき

- スタイルの原型が覗える感覚的映画 北野武監督作品 3-4X10月

- 欲望と妄想が続く、お笑いフィルム 北野武監督作品 みんな~やってるか!

- 兄弟の有り様と哀しい旋律 北野武監督作品 Brother

- 自虐ギャグで貫かれた破壊フィルム 北野武監督作品 監督・ばんざい!

- 真知寿と幸子は理想的な夫婦 北野武監督作品 アキレスと亀

- 合わない人には合わない、感覚的イメージの連鎖 北野武監督作品 TAKESHIS’ new

- 味わいある下町人情喜劇 北野武監督作品 龍三と七人の子分たち new

- 動と静の中の欲望の連鎖 北野武監督作品 アウトレイジ new

- 絶妙な光と影と小津さん 北野武監督作品 アウトレイジ ビヨンド new

 


 

文系

- オヤジ川柳 第一弾

- オヤジの辞書 第一弾

- オヤジの辞書 第二弾

- オヤジの辞書 第三弾

- 独断と偏見による、オヤジ競馬川柳

- 文学崩れの言葉 (一) わたしは痴れ者です

 


 

BBC

 

BBCテレビ

- クリックで最新ITを知る BBC World News

- 地味だけどおススメしたい Only Connect BBCクイズ番組

- 緊張感の中、毎回自分との闘い Mastermind BBCクイズ番組

- 法医学捜査班(Silent Witness)には、今と葛藤がある BBCドラマ

- デジタル化したホームズ シャーロック(Sherlock) BBCドラマ

- アップテンポな現代版「三銃士」 The Musketeers BBCドラマ

 

BBCエッセイ

- 時の流れを感じざるを得ない サッチャー死去 BBCニュース

- 思わず、うちの柴を連想 – Does your dog know~? –

- あくまで数学の問題 シェリルの誕生日(Cheryl’s Birthday)

- 全日空(ANA)の機体に、映画「スター・ウォーズ」 BBCサイト

- 日本のリニアが世界を駆ける BBC World News

- 思わぬところで日本が出て来た、インパルスの計画変更

- 単純さと複雑さの混在 The Forum BBC World Service

 

BBCスポーツ

- ライブ視聴した2018と2022年のサッカーワールドカップ開催国抽選会

- ユーロ2012の次は、ロンドン・オリンピック BBCスポーツ

- ロンドンオリンピック2012 なでしこジャパン全試合視聴記

- Let’s get ready to rumble. メイウェザーvsパッキャオ戦 BBCスポーツ

- 二連覇を期待 FIFA女子ワールドカップ カナダ2015 BBCスポーツ

- 初戦はこんなもの なでしこジャパン対スイス カナダ2015

- 二点取るまで素晴しかった なでしこジャパン対カメルーン カナダ2015

- 狙い通りではあるけれど なでしこジャパン対エクアドル カナダ2015

- ゼロ封だったら、もっと良かった なでしこジャパン対オランダ カナダ2015

- 別な意味でイライラした試合 なでしこジャパン対オーストラリア カナダ2015

- 相性の悪さが出た なでしこジャパン対イングランド カナダ2015

- 意表を突かれた先手必勝 なでしこジャパン対アメリカ カナダ2015

- 久しぶりでも楽しめた イングランド対フランス ラグビー シックス・ネイションズ

- たった5分されど5分 ウェールズ対イングランド ラグビー シックス・ネイションズ

 


 

ご感想